羽をつけたBJ

    << | 2017-10 | >> 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にゅーいん(入院)




    1年前の、6月7日のあの日・・・


    入院の日


    この小さな、小さなお口の中の出来物がメラノーマなのか?・・・

    病理検査に出す為、手術で切り取ってもらう日の朝です。

    手術の為、 bjはごはんが貰えない事に肩を落としていたねぇ 



    8 がっくり

    282「ごはんほしぃー!」

    「がまん、がまん」


     AM8:30頃F病院へ入院  


    20070605180200.jpg


     

    点滴をした後、手術となる予定。

    「てんかん」があるので麻酔が心配。

    気の弱い子なので病院の環境に耐えられるのか?

    オチッコ、ウンチも家のシートと、馴染みの公園でしか出来ない。

    分離恐怖症なので・・・  

    すべてに関して心配だった・・・

    282「bちゃんお家に帰れないのぉ~?」

    「そう、今日は、ママとねんねできないねぇ」

    282「そ、そ、そんなぁ~ごはんはぁ~もらえる?」

    「あんた・・・|;-_-|=3 フゥ」


     


     おとまり


    9 検査入院


    282「手術痛かったなぁ~・・・
    ごはんもらえなかったデチ・・・
    ママァ~明日迎に来てね」

     

    寂しくて、寂しくて・・・・

    あの子がどうしてるだろうか?と思うと涙が出て出てしょうがない・・・

    一晩離れ離れになるだけで、こんなにも寂しいのに

    もし、bjが死んじゃったら私は・・・いったい・・・

    bjが我が家に来てくれた時、

    10年ほどすれば必ず別れがやってくると覚悟はしてたつもり・・・

    そんな覚悟は吹っ飛んでしまった。

    死なせたくないbjを・・・

     

    「死にましぇん!」 

    20070603175815.jpg

     

    コメント

    胸がちょびっと痛いな。。。涙。。。

    でもBJちゃんの軌跡をたどれることが、私はうれしいです。
    生前のBJちゃんを今感じています。
    リアルにBJを感じ取っています。

    deeper-bさん。こうしてblogを書く作業、つらいときもあると思います。私も本を編集しながら泣いてしまいます。
    だけど、きっと、こうゆう作業も、悲しむことも、今の私達には必要な作業なのだろうと思っています。

    BJちゃんも生きていますね。ずっとずっと生き続けていてくれるんですね。
        

    ごめんなさい

    ↑のコメントの中に、BJちゃんの「ちゃん」を付け忘れてしまいました。ごめんなさい<(_ _)>
        

    bj

    レナも、そうでした。思い出しても、フラッと貧血おこしそうです。

    ホームドクターのところでは、CT検査ができないので、紹介状をもって大学動物病院へ・・・・・CT検査を受けるだけのつもりが、「がんの部分を切除して、病理検査にだしますね。」
    「えっ!?・・・きょ、今日、取るんですか?・・・(沈黙)・・・その部分とっちゃうと、どうなるんですか?」と。獣医師の先生の説明を聞いても・・・(日本語はわかるけど、意味がまったくつかめない・・・どうしよう。)
    「先生、イメージがつかめません。紙に図に書いていただくか、写真画像など見せていただけないでしょうか?」

    でも、獣医師の先生の判断はとても正しかったんです。
    朝、9時に診察室に入ったレナ、すぐでてくるとおもっていたら・・・・・受付事務の方も、帰ってしまった夜、診察室からでてきました。(先生方も遅くまで手術してくださり、うれしかったです。)

    生きて、出てきた!・・・それだけで、その時は、充分うれしかった。
    この日は、私自身が、前日から下痢・嘔吐の連続で、体に力がはいらず、立つこともままならない状態で、病院にきていたので、(犬の点滴でいいから、私にも点滴してくださあ~~~い、とお願いしたかった。)運転もよくできた・・・レナも私も命がけの日でした。

        

    あれっ・・・かきこまれちゃった。

    タイトルを書いている途中で、かきこまれちゃった。すみません。
    タイトルは、「bjちゃん、がんばったね。」です。
        

    yuuさんへ・・・

     yuuさんも軌跡、一緒にたどってくれるのぉ~?
    うれちい(嬉゜ω゜)ウ・・・ウレシィ

    >だけど、きっと、こうゆう作業も、悲しむことも、今の私達には必要な作業なのだろうと思っています。

    ほんと!その通り
    やっぱりyuuさんは、良く分かってらっしゃる。

    自分の心の中にそっとおさめて置くのもいい・・・
    (確かにおさめている部分もある)
    でも、私はとっても弱い。
    心の中だけにおさめきれなかったの・・・
    「病」を経験された方や、わんちゃん大好きの方に聴いて貰いたかった・・・
    bjの事「かたち」にしたかった・・・
    その事によって、弱い私の凍りついた心に温かい物が流れ、だんだんと解けていくのが分かる。
    yuuさんや、皆様に聴いて頂ける事が、私にとって強力な栄養剤なんだと気がつきました。

    ずーとつけていた1年前からの「bjの日記」、
    開けることができなかったんです。
    今、ブログをきっかけに号泣しながら、又、ちょっぴり笑いながら読み返しております。
    あの日の場景が、リアルに私の中で蘇って来ています。

    「現実だったんだ」と冷静に、今だからこそ、受け止めて行こうと思っています。。。


    あっそうだ、リンクねぇ自分で出来る様になって面白くなり、
    yuuさんの3つ全部ポッチン勝手にしたんだけど、もし都合の悪いのあったらいってね。y(^ヮ^)y

    「ちゃん」なんていいよぉ~「bj」ってよんでぇー
        

    レナ・ママさんへ・・・

     レナ・ママさんもそーでしたかぁ~
    あの日思い出しますよね!

    それでなくても、貧血おきそうなのに、
    まぁーその日は、ママさん体調が悪かったなんて・・・かわいそうに

    でも、レナちゃんは、いい病院で診て貰えてよかったねぇ
    すぐに対処して貰えて・・・さすが大学病院!

    うちのbjも大学病院みたいに専門で診てくれるとこで治療うけてたらなぁー・・・
    もっと違ってたのかなぁー・・・なんて時々思います。
    死んじゃったから、そう思うんだろうけど
    あれもしてやれば・・・これもしてやれば・・・って反省は尽きませんです。

    「今じゃー、
    がんワクチンたるものが、あるとか、ないとか・・・!?」
    医学は進歩しています。

    レナちゃん!ファイトやで・・・
    ママさん!体に気をつけてファイトやで・・・
    レナちゃんの先生!しっかりファイトやで・・・
        

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    Profile

    deeper-bj

    Author:deeper-bj
    BJ

    ★BJ(羽をつけたbj)
    ビーグル ♀女子
    おおさか⇄虹の橋
    ☆・・・好きな事・・・☆
    とにかく食う・寝る

    ★deeper-bj(db)
    bjのオカン
    おおさか
    ☆・・・好きな事・・・☆
    とにかくDEEPSOUL・R&B

    ★Subtitles
    口腔内悪性黒色腫
    (無顆粒性メラノーマ)で、
    羽をつけたbj。。。。
    透明になったbjを、
    もう一度抱きしめたい!

    ★ 羽をつけたbjとの
    イラスト・人形回想日記

    Dolls & illustrations

    Translate

    English English得袋.com

    Handmade felting dolls

    このブログをリンクに追加する

    Retrieval in blog

    Fight The Power

    Soul power

    映画『ソウル・パワー』

    My YouTube Channel

    PICT0037a.jpg 

    Maukie

    FC2Ad


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。