羽をつけたBJ

    << | 2017-10 | >> 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    真珠の涙




    1年前の、9月24日~の日々


    9月24日 足のけいれん


    パパお休みで、1日中家に居てくれ心強かった。

    朝、家の前のお散歩・・・やっぱり歩けなくて、オチッコも出ない。

    朝ごはんには、

    鶏肉、まぐろを、それぞれ合わせて大匙3程、ポンプで飲んでくれた。

    その後、パパがbjを抱っこして、近くの公園まで行ってくれる。

    私も自転車で後を追いかけた。

    地面に下ろしても1歩、前足が出る位で、後ろ足がついて来ない。

    その場で、腰を支えてやり、やっとオチッコをする事が出来た。

    ウンチが出るまで頑張ってみたが、

    足のけいれんが出始め、ブルブル震える。

    暫らく足を擦ってあげるが、けいれんは治まらない。


    20070924123107.jpg


     


    夕方に、小匙2程の牛肉を、ポンプで飲んでくれた。

    ウンチがまだ出ていないので、今度はちょっと遠い方の公園まで、

    コロコロカートに乗せてお散歩に行ってみた。

    公園内に下ろしてあげると、ヨロヨロっと3歩程歩けたが、

    直ぐに、けいれんし始めて、動けなくなり、その場にじっとしている。

    282「アカン歩けへん」

    「bj、ウンチ出ないねぇ~」

    抱っこして、暫らく公園の空気を感じさせてあげたがウンチは出なくて

    夜10時頃、もう一度公園に行くが、やっぱりウンチは出なかった。


    20070923090420.jpg
       9月24日 すっきり美人? でも向こう側がちょっと腫れているbj


     

    9月25日 お熱 


    朝ごはん、ミルクをあげても、飲まない。

    ゆで卵のペースト状を小匙1程飲んでくれた。

    コロコロで近くの公園へ。。。オチッコだけ出た。


    20070923091244.jpg
         9月25日 公園内をパパに抱っこされて移動するbj


     bjの体温が熱く感じたので、

    いつものように、お熱を測ってみると、bjにしては、ちょっと微熱?。

    普段bjの体温は38,5℃前後なのだが、39,2℃ある。

    ひんやりタオルを首のまわりに置いてやる。

    282「bちゃん、お熱」


    20070924123903.jpg


     

    ウンチが出てないからかな?と思い、お腹もさすってあげ

    トイレシートの上でも支えて、させてみるが

    狭くてやりにくそうで嫌がる。

    この日の、ごはんは結局、朝の、ゆで卵小匙1以外何も食べてない

    食べてないからウンチも少ない...と先生は言うが




     

    9月26日 公園がトイレ


    お熱は、bjの平熱に戻っていた。よかった

    朝ごはん、牛肉小匙1、ミルク小匙1程飲んでくれた。

    その後、公園へ・・・オチッコだけ


    20070924124942.jpg


    20070924125139.jpg
           9月26日 朝の公園へ、コロコロに乗って来たbj


    お昼前、公園へ・・・オチッコだけ

    それ以外、3回程、公園へ・・・ウンチは出ない。

    11年間ずっと、外よりも、お家のトイレシートでしてたbj、

    その慣れた自分のトイレで出来なくなってしまった。

    公園へ行っても、出るまで待ってみるが、なかなか出ない

    支えている私も腰が痛くて長く続かない、

    bjを抱っこして、暫らく休み、又、挑戦してみた。

    そして、やっと少しだけでも出る。

    外では、土、草、匂い、空気に刺激されるのか・・・

    かろうじて、出す事が出来たのであった。


    20070924124509.jpg


    282「うーん、うーん」

    夕方、やっと軟らかめのウンチが少しだけ出た。

    パパ帰宅後コロコロで公園へ、オチッコの姿勢がうまくできず、

    支えてやってても、しりもちをつくbj。

    282「いてぇ」

    夜11時頃、今日最後の公園へ・・・オチッコだけ

     

    1日に、7~8回は、オチッコ、ウンチをさせる為、外に出るようにした。

    しかしオチッコは、その内の4回程出れば良い方で

    ウンチは、2~3日に1回、少量がやっとであった。

    公園がトイレになってしまった今のbj

    元気な時には、来る事のなかった近くのこの公園

    今こんなかたちで、お世話になろうとは・・・思ってもいなかった。

     

    この公園の前を通る度に、

    支えられてトイレをしていたbjと、その場所が目に映る

    「bj、ここでオチッコしたねぇー」って透明のbjにささやく。。。

    282「ここで、ちたねぇーママ」


    20070924155858.jpg

    20070924160017.jpg




     9月27日 どうしてほしい? 


    朝ごはん、イヤイヤでも小匙1程の鶏肉を飲んでくれた。

    今日も朝から、何度も公園へ行くがウンチは出ない。

    それ以降も、鶏肉だったら、大匙1程、飲んでくれた。

    夜の公園、じっと立ってる事もできず、へたりこんでしまう。

    夜11時頃、又公園へ、アシストバンドを着けて、オチッコだけ出た。

     

    bjが寝たきりになってから、

    時々、頭だけをムクッと上げて、

    何かを訴えるような目で、じぃ~っとママを見る。

    何を、ママに言いたいのだろうか。。。

    分からなかった。


    20070924125535.jpg


    ごはん?お水?寝返り?抱っこ?トイレ?公園?ナデナデ?

    ママなりに思いついた事を一通りやってみる。

    それでも、bjの「ほんとう」は、何だったのだろうか。。。

    ママは、bjの思った通りの事をしてあげれてたのだろうか。。。

    今も、分からずbjに問いかける。

    282「ママが居てくれたら、それでいいねんでぇ」

    ほんとにそうだったんだろうか。。。 



               


    20070924125918.jpg
             9月27日 コロコロで、夜のお散歩のbj


    20070924125741.jpg
             9月27日 1歩も歩けないbj


    20070924125823.jpg
              9月27日 つり人形状態のbj


     


    9月28日 真珠の涙


    朝ごはん、スキムミルクを大匙1程飲んでくれた。

    コロコロで何度も、オチッコの為、公園へ行く

    アシストバンドを着けてオチッコは出たが、ウンチが出ない。

    夜まで、何一つ飲んでくれない。

     

    そして、この日から、

    大きな痛みと、苦しみの波が、bjを襲ってくるようになる。

    苦しみの中、キレイなお目目から

    真珠のような美しく輝いた涙を流した。

    「ん?痛いか? 苦しいか?bj  ママにどうしてほしいん?」

    282「ママぁ。。。」


    20070924133045.jpg


    私の目の前に、その増殖したメラノーマがあるのに・・・

    私のこの手で、そのギラギラした物体を、さわれるのに・・・

    採ってやる事が出来ない。。。

    bjの小さなお口の中を占領していき

    大好きなご飯や、おやつを食べさせてくれない。

    息をする事も、足を動かす事も、許してくれないメラノーマ

    この子が、何をしたと言うのでしょうか?

    どうか、私にbjのそのメラノーマを下さい・・・

     

    早く死にたいとも、長く生きたいとも、

    憎む事も、恨む事もしない

    ただただ、飼い主の事だけを無条件に愛して、従ってくれた。

    私は今、この子にいったい何をしてあげればいいのだろうか・・・

    先生の「安楽死」の言葉が、私の心にのしかかる。

    ママが決断しなければならない。。。

    そんな事できないよ


    20070924134349.jpg
             9月28日 どうしてほしいの?bj


     


    20070924134537.jpg
       9月28日 夜の公園アシストバンドで吊られているだけのbj

     




     20070603175815.jpg 

    コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
        

    deeper-bさん。天使のbjちゃん。
    こんばんは。。
    bjちゃんだんだん苦しくなってきたんですね。
    苦しんでるのをみるのが一番辛いですよね。。
    でもbjちゃんはママさんパパさんがいたから
    頑張ってこられたと思いますよ。
    絶対そうです。。。
    だからdeeper-bさん自分を責めないで・・。
    きっと今でもいろいろな葛藤をまだお持ちなんでしょう。。
    deeper-bさん。心があたたかい方だから・・。
        

    bjちゃん・・・

    辛かったね・・・bjちゃん・・・
    苦しかったね・・・bjちゃん・・・
    おばちゃんもママと一緒にぎゅっと抱きしめてあげるよ
    bjちゃんの綺麗なお目目からの真珠の涙、おばちゃんにも見えるよ。。。
    ほんとうに綺麗や。。。

    bjちゃんの傍で看ているママとパパはどんなにか辛かったでしょうね。。。
    でも、いっぱい愛されて、きっとbjちゃんは幸せだったと思うよ。。。

        

    鍵コメントLさんへ・・・

    いつも、ありがとうございます。

    そーやね、Lさんのおっしゃる通り
    自分の体のどの部分でも、あげれるものなら
    何でもあげたい。本気でそう思いました。
    Lさんも、そんな思いをされていたんですねぇ
    救ってやりたかったよね
    せめて、「死」までの道のりを苦しまず、穏やかに
    送らせてやりたかったねぇー

    初めて、メラノーマと宣告された日から、たった4ヵ月
    不安ながらも、その中には病気を忘れさせてくれる程の
    いい時間があり、
    ひょっとして、この子は助かってくれるんじゃないか?
    先生の間違いなんだと言う思いが強かった
    だけどやっぱり、先生の診断は正しくて、
    言われた通りになっていくねん。
    この日から、痛み苦しみがbjを襲ってくる・・・
    人間でも癌末期は、これとの闘いになったりしますが、
    bjもそうだったです。
    絶対考えたくなかった「安楽死」も
    考えざるおえなくなっていきます。
    「安楽死」の日記もそのうち書くことになりますが、
    又、見てくださいませね。

    Lさん。。。
    あの駅で、1人泣いてたの?可哀想やったねぇ(j o j) ウルルル
    イイコ イイコ (*^)/(;_;) ウッウッ
    そりゃ、人は「何泣いとんねん!」としか思ってないやろけど
    人間には色んなドラマがあって、
    喜び悲しみを経験していく事によって
    人の痛みも分かってあげられる。
    駅に居た人の中には、そう思ってくれてた人が1人は居たかもやで
        

    いぶのすけさんへ・・・

    いつも、ありがとうございます。

    bjは、とうとうこの頃から、
    お口のメラノーマ、出血以外に
    足の麻痺、痛み、苦しみにまで襲われるようになってきました。

    愛する者の苦しみ・・・それはもう、たまりませんでしたです。
    いぶのすけさんが、おっしゃって下さるように
    色んな葛藤があります。
    これが、正解だ!と言う事は、おそらくないんだろうな・・・と
    苦しんで最後を終わらせても・・・
    安楽死で最後をおわらせても・・・
    どちらにしても、
    ずーっと、ずーっと自分を責め続けていくのだと。。。
    責め続ける事で、
    bjに問いかけ、
    bjと会話し、
    bjにあやまり、
    bjに慰めてもらっている・・・
    そんな「今」の日々です。

    bjは、たぶん
    「ママこれでいいんやで」と
    言ってくれてるとは思うんですが・・
    あっ!いえいえ、そう思うようにしているんですが・・・
    どうしても、まだ自分の中で、
    自分を許してあげる事ができないでいます。。。

    いぶのすけさん、温かいお言葉ほんとうにありがとうです。
        

    sumire・♪さん へ・・・

    いつも、ありがとうございます。

    bjね、ほんとうに真珠のような
    大粒の涙を、「ポロー」っと流して、苦しむねん!
    この痛み苦しみは、これからも襲ってきます。
    苦しむ度にこの涙を流して・・・
    ほんま、可哀想やったです。
    実際に、これが涙なのかは定かではありませんが、
    私には、涙に見えました。
    キラキラ光ってて、「真珠の涙やぁ」とそう思いました。

    痛い事、苦しい事を絶対にさせたくなかったのに・・・
    結果は、こうなってしまい残念です。
    何にもしてやれず、ただただ抱っこしてやるしかなかってん。
    悔しかった、「何で何にもしてやられへんねやろ」と

    わが子の苦しむ姿を見る事ほど、
    辛くて、哀しくて、寂しいものはありません。
    だけど、パパだから・・・
    だけど、ママだから・・・
    目を背けず、襲ってくる痛み苦しみの波を共に被ってやる・・・

    もっと、いっぱい何でもしてあげたいのに
    たったこれしか、できませんでした。

    sumire・♪さん も、bjを、ぎゅっと抱きしめてくれるのん?
    bjは、みなさんに今、大事にしてもらって幸せです
    ほんとうにありがとうです。

        

    bちゃん、ママさん本当にがんばりましたね。
    去年のアリアの腫瘍による痛みの3日間を思い出しています。
    痛みで眠ることもできないアリアをたださするだけの無力さが情けなかった。
    今でさえ使う薬さえない、医療限界もわかります。
    bちゃんと夜中に行った公園は悲しかったですね。
        

    すばるの相棒さん へ・・・

    いつも、ありがとうございます。

    そうでしたか・・・
    何も知らなくてごめんなさい
    アリアちゃんも、そういう日々があったんですね。。。

    すばるの相棒さん!
    ほんとうに飼い主、ママは、
    一番この子がしんどい時に無力なんですよね。
    すばるの相棒さんが情けなかったお気持ち・・・
    痛いほど分かります。
    痛みで眠れないアリアちゃん、bjも全く同じでした。
    日に日に痛み苦しみは増して行き、
    ほとんど眠れなかったbj
    癌と言うものは恐ろしいです。

    私がまだ小さかった頃、
    血液の癌、白血病で兄が亡くなりました。12歳でした。
    母は、輸血の血液を人様に頂くため、頭を下げて必死でしたです
    (今じゃ、そんな事をしなくてもいいのかも知れませんが)
    それでも・・・
    人間のこんなに若い命まで、
    癌というヤツは奪っていくんですね。
    この兄が生きていたら、今おっさんになっていますが、
    長い歳月が経った今でも救えない命がある・・・
    世の中、みるみる変わってきているのにです。
    医療の限界・・・
    切ないですね。

    愛するわが子を、全力で愛する!
    守るんだと言う想い
    命は救えなくても、ママが出来る事はこれしかないんですよねぇ
    人間でも、動物でも、
    やはり最後にあるのは「愛する」事なのですね
        

    ありがとうございます

    deeper-bさん、ステキなお言葉をありがとうございました。
    アリアも今のところ腫瘍が落ち着いているので普段どおり暮らせています。でも大好きなガムや堅い物はご法度になりました。
    大きくなったら腸をふさいでしまうのでこのままでと願うばかりです。すばるさんは年齢から来る腎不全で薬と点滴を処方しています。沢山の薬なのですが素直に飲んでくれるのが切ないです。
    bちゃんもそうだったのかな。
    bちゃんのぬいぐるみがあまりに可愛くて余計切ないなぁ。
        

    すばるの相棒さんへ・・・

    こんばんは、
    ご丁寧にありがとうございます。
    すばるの相棒さんとこうしてお話させて頂けとても嬉しいです。

    アリアちゃんの腫瘍が落ち着いてるとの事で、安心しました。
    「このまま、ずーーーーっっと、落ち着け!」と
    腫瘍に言ってやりましたからね。

    そうか・・・アリアちゃん、
    大好きな硬いものをあげちゃダメなんですねぇ
    腸をふさいでしまうやなんて、怖いですもんね
    bjの場合、口の中だったため、
    ガムも、ささみジャーキーも、今まで続けてきた歯磨きも
    できなくなりました。
    でも、ワンちゃんは、こういうモノが又、好きなんですよねぇ

    すばるちゃんは、腎不全なんですか・・・
    点滴も・・・
    だから、mineshaさんへのメッセージの中で、
    「前向きな方やなぁー」と
    力強く私の心にまでも、響いてきてましたです。

    病気と闘うふたりのわが子を抱え
    すばるの相棒さんの胸の奥は、どれだけ不安まみれか・・・
    でも、それを全然感じさせない、素敵なママやねぇー
    ママが明るいから、あの子らも明るくて、幸せなんやね
     
    いっぱいのお薬を素直に飲んでくれる・・・
    何を入れられてても、飼い主のするまま、されるままですね。
    ほんとうに切ない、
    だからこそ、この子らにウソをつけないと言うか・・・
    信じきってくれるこの子らが、愛おしくてしかたありませんねぇ

    50キロある大きなアリアちゃん、
    すばるの相棒さん、腰には、気をつけてね!
    (腰の悪い、おばちゃんが言う)
        

    愛おしくて切なくて・・・

    痙攣が起きたときはbjちゃん本人も「この足どうしちゃったん??」って
    きっと辛かったでしょうね、食べないし踏ん張れないからきっとウンチもでなかったのね、辛かったねぇ、bjちゃん・・・
    この公園はちょっときつい想い出の場所になったんですね

    うーん、うーんって一生懸命にウンチをしようと頑張るbjちゃん、
    そのbjちゃんを支えるdeeper-bママさん、泣けてきます・・・

    うんうん、そうだよ、そうだよぉ~~~、
    ママがいてくれるだけで、
    それだけでbjちゃんは良かったんだよぉ~~(泣
    bjちゃんの望みはただそれだけだったんだよぉ・・・
    きっとママ、ありがとう!って言いたかったんですね。

    鼻が乾燥してしまうのは見てて辛いですね、私も今ウイリーに日に何度も、赤ちゃん用のなめても大丈夫なオイルを塗ってます。

    ママ、ママ、辛かったですね、
    bjちゃんの真珠のような涙はbjちゃんの心そのもの
    きれいで健気で・・・かわいいbjちゃん
    愛おしくて切なくて・・・
        

    yukoさんへ・・・

    いつも、ありがとうございます。

    そーやねん!yukoさん、
    食べれないから、ウンチが出ない
    ウンチが出ないから硬くなる
    硬くなるから余計に出しにくい・・・
    出にくいから踏ん張りたい
    でも下半身が麻痺しているから踏ん張れない・・・・・

    yukoさんが言って下さる通り
    >「この足どうしちゃったん??」
    って、思っていたと、私も思います。
    地面に下ろした時ねぇ
    必ず一度は、上目遣いで、私らの顔を見るんですよ。
    「bちゃん、何で動かれへんのん?」って・・・
    そんな顔してましたです。

    はい、この公園は、きつい思い出の場所となりました。
    元気な時は、遠い大きい公園へ行ってましたので、
    この公園では、走り回って遊んでいたという思い出はなくて
    足の麻痺が始まってからなのです。
    家から直ぐの所なんですが、ほとんど利用しませんでした。
    お買い物に行く途中、そこを通るので
    必ず「グッ」っと、あの時の事が込み上がり
    「bj・・・」って声かけています。寂しいです。

    エヘ、エヘ!
    私が居るだけで、良かったって思ってくれてる?yukoさん。
    うん、そうだよね、
    私だって、bjが居てくれるだけで、良かったもんねぇ
    そうゆう風に思うようにするねぇ、ありがとうです。

    ウイリーちゃんも、お鼻乾燥してオイル塗って貰ってたねぇ
    いっつも濡れてピッカピッカだったのに・・・
    bjも寝たきりになってからは、ガビガビでした。
    皮が、めくれたりしてくるし、鼻クチョもカリカリだしねぇ
    お口がメラノーマでいっぱいなので息がしにくいため
    お鼻の通りだけでも良くしてあげないとねぇ
    でも、もうそのお世話もできなくなっちゃったぁ(T-T) グスッ

        

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
        

    鍵コメントlaさんへ・・・

    こんばんは、はじめまして、
    こんな私のヘタッピな回想日記を、
    見つけて下さり、心よりお礼申し上げます。
    ありがとうございます。

    今日が・・・49日ですか・・・
    寂しいですねぇ、哀しいですねぇ、悔しいですねぇ
    何をしていても、Tちゃんの事で頭がいっぱい
    laさんのお気持ち・・・同じ体験をしました私には、
    laさんとTちゃんの切なくて壮絶な日々が、
    どんなモノであったか、物凄く、物凄く分かります。
    そして今のlaさんが、
    どんなに遣る瀬無い想いか分かりますよ。

    メラノーマや、病院や、今の医療や
    自分自身に対する怒りや歯痒さと、
    わが子への侘び、
    こればかりが、グルグル回っていらっしゃるのではないでしょうか?
    所構わず涙が出て、心が不安定な時ですねぇ。。。

    私なんか、1年経っても今だに、この状態です。
    こんな過去の泣き言日記に温かいコメントを下さる皆様に
    一緒に歩いて頂いて支えて貰って、今の私があります。
    あの子が、もう帰って来れない事も分かってはいますが・・・
    元気だったあの子が、あっと言う間に
    未知な病気メラのヤツに
    侵され、苦しんで亡くなった事が、
    どうしても私の中で、受け入れられないでいます。
    病院選びから、自分がしてきた事から、
    自分は何をすべきだったのか・・・
    すべてに関して、心の中に燻ぶっています。

    laさん・・・
    私は、とても弱い人間です。
    いつもメソメソして、
    泣いて、泣いて、泣いて、泣いて、・・・この1年
    あの子の肉体なして、羽をつけた透明のbjと共に歩いてきました。
    これから先、あの子と又、逢える日まで、これは続きます。
    laさんも、この道を歩かれる事になりましたが、
    後戻りしながらでも、長い長い時間をかけながら、
    少しづつ歩いて行く事により、
    怒り、悲しみ、辛さ、すべて丸ごとひっくるめて、
    優しい、愛おしい、温かい道に変わって行くんだと思います。
    まだまだ、哀しい日々は続きますが、
    その道に変わる日まで一緒に歩いていきましょうね。
    どうか、お身体だけは大切にしてね
    羽をつけた透明のTちゃんが
    いつもママのお傍に居てくれてますから。。。
     
    いつでも、ご遠慮なく、ここへ来て下さいね
    ちょっと、行っちゃってるおばちゃんですが・・・
        

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    Profile

    deeper-bj

    Author:deeper-bj
    BJ

    ★BJ(羽をつけたbj)
    ビーグル ♀女子
    おおさか⇄虹の橋
    ☆・・・好きな事・・・☆
    とにかく食う・寝る

    ★deeper-bj(db)
    bjのオカン
    おおさか
    ☆・・・好きな事・・・☆
    とにかくDEEPSOUL・R&B

    ★Subtitles
    口腔内悪性黒色腫
    (無顆粒性メラノーマ)で、
    羽をつけたbj。。。。
    透明になったbjを、
    もう一度抱きしめたい!

    ★ 羽をつけたbjとの
    イラスト・人形回想日記

    Dolls & illustrations

    Translate

    English English得袋.com

    Handmade felting dolls

    このブログをリンクに追加する

    Retrieval in blog

    Fight The Power

    Soul power

    映画『ソウル・パワー』

    My YouTube Channel

    PICT0037a.jpg 

    Maukie

    FC2Ad


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。