羽をつけたBJ

    << | 2017-10 | >> 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    三回目免疫療法




    1年前の、9月18日~の日々


    9月18日 やじうま


    台風13号の影響で、ムシ暑く

    何度も、寝返りをするbj

    カミナリのトラウマになって以来

    風のゴォー、ゴォーの音も怖がった。

    あまり眠れてないようだ・・・

    消毒サプリ、やっぱり出血には効果なし

    お水もなかなか自分で飲めなくなって来ている。

    注射器ポンプで少しづつ流してあげた。

    今まで、当たり前だった、食べる、飲むが・・・

    今まで、当たり前だった、オチッコ、ウンチが・・・

    出来なくなってきていた。

    「ママがお手伝いしてあげるから大丈夫やで、bj」

    282「たのむでちゅ、ママ」


     


    お外で、ワン同士がギャンギャンと激しく鳴いた。

    それまでのbjなら、「うちの縄張りで、何事やぁー!」って

    フローリング滑りながら、大急ぎでヤジウマしに行ってたのに・・・

    今は、横になったまま動こうとしない。

    目もトロ~ンとして、しんどそうである。


    20070917090509.jpg



    282「ヤジウマしたいけど、しんどいれしゅ」

     

    お昼のごはんも食べない

    夜のごはんも食べない

    混ぜ混ぜごはんじゃなくて、その中の

    鶏の胸肉を手で摘まんであげてみた。

    すると、ほんの少しだが、飲み込んでくれた。

    「ひぇ~~~!bj、ママ嬉ちぃーーーー」

    少しでも色んなモノを・・・と思って、混ぜ混ぜにしていたが、

    もう、何でもいい、食べてくれるのなら、何でもいい、何でもいい



    20070917090927.jpg
       9月18日  お口からの血膿の臭いが段々と、ひどくなって来たbj


     今夜も、ベッドへ連れて行くが

    ハァハァと、寝苦しそうにするので

    再びリビングで寝る。


     


    9月19日 鶏の胸肉


    朝ごはんに、昨夜の鶏の胸肉をあげると、

    それはたとえ少しでも食べてくれる。

    しかしそれ以外は全く食べない。

    お水は自分では、飲めなくて、ほとんどが横からこぼれる。

    いつ食べるか分からないので、

    常に食べ物をお口に持っていってあげるが

    やっぱり、鶏の胸肉のみ少しだけ飲み込む

    なんで、鶏の胸肉なのかな?

    282「なんでもー」

     

    この時のbjは、鶏の胸肉がお気に入りだった。

    (と言っても、たった小匙2程だが・・・)


    20070921143035.jpg


    20070921143132.jpg


    20070923184531.jpg


    でも、食べる行為でメラノーマに擦れて出血が、よりひどくなる。

    ポンプのお水でチューチューお口を洗ってあげて、

    消毒サプリをつけてあげた。


    20070919120837.jpg


    20070923184642.jpg



                   

    9月20日 3回目免疫療法


    病院の日なので、お腹空くだろうと

    まぐろなどをあげてみるが、全然食べてくれない

    そして、やっぱり鶏の胸肉を

    たった一つまみだけ食べてくれた。

     

    8:30頃、病院へ、

    今日はパパそのままお仕事なので

    ママはついていけない。。。寂しいよbj、がんばれbj

    282「迎に来てねぇー」


    20070919134950.jpg
            9月20日 病院の日の朝、自分で動けないbj


    20070919135055.jpg
                      9月20日 今から病院へ行くbj


     病院からの電話がない事を祈り続けた。

    bjの血膿が付いたタオルを洗いながら、

    もう、bjの事意外考えられなかった。

     

    夕方、パパ急いで帰宅してくれる。

    bjに逢いたい・・・高鳴る思いでbjを迎に行った。

    私が、不安に思っていた通り

    ドアの向こうから連れてこられたbjは、全身が血膿まみれ。

    その愛おしくて、可哀想な姿に胸が詰まった。。。

    お家では、私が付きっ切りで、

    お口からの血膿をこまめに拭いてあげていたので

    お口の回りに付いても、顔や耳、全身に付く事はなかった。

    病院で、それをどうして下さるのか・・・とても心配だったが・・・。

    数少ないスタッフで、たくさんのワンちゃんを預かっておられるので

    手がまわらなくて、これも仕方ない事です。

    でも、この子の親として、予想以上の姿を見るのは辛かった。。。

    ウエットティッシュやタオルなどで拭いても、

    血が固まってしまってて取れない

    パパが、洗面所を何度も往復してタオルを濡らして拭いてくれるが

    余計に拡がってしまってひどくなる・・・


    20070919132510.jpg



     


    他の患者さんも待合室にたくさんいらして視線を感じた。

    けっして移る病気じゃないんだけど、そんな目で見られているような・・・

    そんな気持ちになり、bjが可哀想で、愛おしかった

    精算をすませ、車に乗る。

    血のりでベタベタのbjの体を抱きしめ、

    お口から止まること無く出る血膿を拭きながら

    血生臭いにおいが吹き飛んで行く程、パパの車はスピードをあげた。

    家に着き直ぐに、疲れているであろうbjをシャンプーしてあげる。

    甘い香りの石鹸の泡と共に、排水溝に血が流れていった。

    パパにドライヤーをして貰い、やっと落ち着けたbj。

    282「ハァー、しんどかったぁ」

     

     

    病院での診察の結果、

    お口からの出血は、どうする事もできないらしい

    内臓の方も、もうほとんど転移している

    もうここまで、転移していても、

    捨てる事のできないミラクルを信じ

    免疫療法にすがるしかなかった。。。


     


    9月21日 ゲリピーピー


    朝、鶏の胸肉も、何をあげても食べてくれない。

    昨日病院で頂いたa/d缶をポンプにつめ、静かに押し入れてあげた。

    ほとんど横からもれているが、いくらかは飲み込んだようだ。


    20070919142533.jpg
               9月21日 ぐったりのbj   


    9:30頃、お腹がグリグリ鳴り、ガスが出始め、

    ママの顔をじっ~っと見るので

    「トイレだな?」と思い、抱っこしてトイレへ連れて行く

    下ろすと同時に黒いゲリピー

    282「お腹痛いよー」

    寝床に戻ったら又、ヨロヨロとトイレに行きたそうにするので

    又、連れて行く、同じくゲリピー・・・

    それが何回も続く

    282「ママ、早く早く」


    20070919141012.jpg



    病院に電話して相談すると、

    「転移の為かも知れないが、食べ物が変わったからかも知れない

    昨日bjちゃんの体重を量った時13kg.もあったので、

    2~3日、何も食べなくても大丈夫だから、

    無理やりごはんをあげたりするのはダメ」と、言われた。

    今朝a/d缶を、ポンプで無理やりと言えば無理やり押し込んだ。。。

    物凄く反省した。凹んだ。。。。bjごめんね、ママが悪かったよ

    「人間用のビオフェル○ンを少量あげてみて」との事だったので、

    早速購入、bjに飲ませてみる。

     

    前下顎のメラノーマは、左側の方へと増殖しはじめている。

    上の奥にも大きく増殖。。。もう、お口中全部だ・・・

    そして、背中、脇腹のグリグリも何箇所も大きくなってきていた。

    右目下の頬骨あたりも腫れて来ているようだ。。。

     

    ゲリピーは、夜中も続いた。


          


     


    9月22日 シュークリーム


    朝ごはんは、何も食べない。

    お水は飲んでくれた。

    ゆで卵など、ペースト状にして

    ポンプで小指の先程を入れてあげるが

    やはり飲み込んでくれない。

    色んなモノをジュースにしてみても、飲み込んでくれなかった。


    20070919153902.jpg


    20070919153807.jpg
           9月22日 何にも食べない元気ないbj



     ばぁーちゃんが、ミシンで

    「sweet」のyuuさんちのプリちゃんが使ってたような

    アシストバンドを作ってくれた。

    20070919154139.jpg



    でも、リードを着けるのが嫌いなbj

    アシストバンドを快くする筈もなく、1歩も動かなかった。

    ばぁーちゃん「ガックリ」 ママ「やっぱり・・・」

    282「エヘエヘ、ごめん」

     

    パパが、夜シュークリームを買って帰宅

    bjの鼻先にクリームだけを持っていくと、

    なんと、使いにくくなった舌を、ぎこちなく動かし舐めてくれた。

    も、物凄く嬉しかった。

    282「甘いシュークリームおいちぃ」

    今だったら、他のモノも食べるかな?と思い、

    胸肉やa/d缶をつまんであげてみた。

    大匙1程であったが、食べてくれた。

     

    この日は、ゲリピーも治まってくれ、よかった。

    しかし、夜中2時頃、

    「クシュン、クシュン」延々と、くしゃみが止まらなくなり

    びっくりした。

    そしてそのうち、セキが出始める。

    「セキは要注意」と先生がおっしゃっていたのが

    頭をよぎる。

    でも、1時間程で、そのくしゃみもセキも治まってくれた。



                              

    9月23日 アシストバンド


    朝ごはん、食べない、水も飲まない

    しかし、シュークリームのクリームは大匙1程を飲み込んでくれた。

     

    夕方、オチッコのためにと、立たせてみるが、

    左足がちゃんと立たなくて、折れているのかと思った。

    282「えぇ!折れてるの?」

    直ぐに、ヘナヘナとくずれて座り込んでしまう。

    昨日ばぁーちゃんが作ってくれた、アシストバンドを着せてみたが

    やっぱり動かない。動けない。

    282「足が動かへん」

    パパに吊り人形状態で支えられ、ようやくオチッコする事が出来た。


    20070919160943.jpg


    23 ぱぱだっこ
                9月23日 パパにおまじないを、して貰ってるbj


     

    メラノーマの状態は、

    黒色腫と言われるように、

    その部分が大体、黒い色をしているそうだが、

    bjの場合、

    「無顆粒性メラノーマ・高悪性」で、

    黒い部分は、ほとんどなくて、肉色である。

    悪性度の高い黒色腫、まだそれより、かなり悪性度が高く、

    進行も、早いと言われていた。

    今、ようやく・・・その事の意味を理解できた。

    どこが黒色腫なのかと思う程、ギラギラ真っ赤で

    モコモコと肉の塊同士が盛り上がってくる。

    そして、そのあちらこちらに白い潰瘍のようなモノが出来、

    やがてその部分が、グレーに変色し、穴が開く。。。

    血膿がじゅくじゅく出てきて口の中に直ぐ溜まり、

    口から溢れ落ちる

    可愛いbjのお口の中は、まるで地獄絵のようだった。

    他人が見たら、卒倒するに違いない

    でも私の愛するbjの、その盛り上がった癌も、bjの一部なのである。

    複雑だった。


    20070603175815.jpg

     

    コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
        

    鍵コメントLさんへ・・・

    こんばんは、ありがとうです。

    ほんとにねぇ
    私もLさんRちゃんに、重ねています。。。
    LさんRちゃんの日々を、実際見てないのに
    その時の光景がリアルに見えてくるんです。
    私のあの時と一緒や
    わが子が苦しんでいるのに何にもしてあげられへん
    Lさんの想っていた事、めっちゃ分かります。
    そして、Lさんが今も苦しんでいる事もめっちゃ分かりますよ

    新品のままのアシスタントバンド・・・
    泣けてくるなぁー、Lさん!
    着けてやりたかったなぁー、Lさん!(ノ_<。) うっうっうっ

    私もね、
    bjが血膿まみれで病院から帰って来てシャンプーし、
    ドライヤーで乾かした時ね、
    家にあるドライヤー、パワーがなくて
    早く乾かせなかったんです。
    元気な時は、それでも気にならなかったけど
    今回程、早く乾かしてあげたいと思った事はなかったです。
    だから、早速パワーのあるドライヤーを買ったよ。
    でも、結局シャンプーしてあげる事なくてねぇ。。。
    そのドライヤーで自分の髪の毛を乾かす度に
    胸がキューーーってなるねん

    去年、Lさんも私も同じような日々やったんやねぇ
    そして、今、同じように浮いたり沈んだりしてんねんなぁー

        

    どんなにか・・・

    一口でも食べてくれたら、嬉しいよねぇ!
    ほっとするよね!
    甘~~いシュークリームどんなにか美味しかったんだろうね。
    ぺろぺろしているBJちゃんが見えるようだよん!^^

    bjちゃん…段々と辛そうになってきているね。。。
    辛そうなんだけど、でもどの写真も綺麗なお顔だよね。。
    天使のような優しいお顔だよね。。。
    でも、その可愛い絵の向こう側には、地獄絵のような現実が見えてるよ。
    憎っくきメラノーマが・・・

    パパとママとbjちゃん。。。
    頑張ってたんよね。。。本当に辛いよ。。。
    胸が張り裂けそうになるぐらい辛いよ。。。
    今はBJちゃんは羽が付いて、ママの周りを元気に飛び回っているけど、ママはまだ泣く事の方が多いのかなぁ・・・
        

    ごめんなさい、
    辛くて辛くて・・・泣けてきて涙がとまりません(号泣
    deeper-b さんがどんな思いで書いたか想像がつきます
    でもきっと私なんかの想像なんかじゃたりないくらい
    想像を絶するbjちゃんとの日々を送られたんだなあと
    胸が張り裂けそうです。

    パパのbjちゃんを抱っこする手がとても優しくて・・・

    メラノーマに侵されてるのになんてキレイなbjちゃん
    なんて可愛いbjちゃん
    この手で思いっきりbjちゃんを抱きしめたい・・・
        

    こんにちは。札幌はすっかり秋になってしまい今朝は6度でしたよ。
    bちゃんの写真も絵もぬいぐるみもとても可愛いのに胸が痛くなります。よくよく乗り越えられましたね。
    言葉が涙に代わってしまいそうなので何も言えません。
        

    deeper-bさん。天使のbjちゃん。
    こんばんは。。
    切なすぎます。。涙が止まりません。。
    deeper-bさん。毎日辛かったでしょうね。。
    だんだん弱っていくbjちゃんを見てるのが・・。
    読ませてもらってるだけでも辛いです。。
    deeper-bさんはもっとお辛かったんですものね・・・。
    bjちゃんをどんなに愛されてたのか
    凄く分かります。。
    bjちゃん。。幸せだったでしょうね・・・。
        

    sumire・♪さん へ・・・

    こんばんは、ありがとです。

    食べないbjを
    想像壁のある、この私が、
    これだけは一度も想像した事なかったです。
    それくらい、ももちゃんもそうだと思うけど、ビーグルって
    食いしん坊やったやろ?
    うちのbjは、てんかん薬の副作用も手伝って、
    もう、底抜けでした。
    いっつも、「ご飯は?」って顔してて
    11年間、ご飯を残した事なかったよ。。。

    なんとか食べさせようと気合入りすぎて、
    無理にポンプで「ニュー」ってした。それでゲリピー・・・
    「可哀想な事したぁー」って、今も反省しています。

    このシュークリームを、自ら少しでも舐めてくれた時
    嬉しくて、クリームが神様に見えました。

    はい、sumire・♪さん その通りです。
    この絵の向こうには、表現しきれないリアルな現実があって
    今の私の中で、蘇り、それに向き合い、
    そして、まだまだ泣いてばかりです。
        

    yukoさん へ・・・

    こんばんは、ありがとです。

    あの時、誰が私らの事で
    こんなにキレイな涙を流してくれたでしょうか。。。
    あの時の私らの事を想像して涙を流して下さる。。。
    yukoさんありがとうございます。嬉しいです。

    1年経った今だから、少し冷静に見られますが、
    その時は、気持ちに余裕がなくて、
    いっぱい、いっぱいだったように思います。
    yukoさんちにお邪魔させて頂く度に、
    「あぁ、介護って、こうゆう風にするんだ・・・」って
    反省します。
    yukoさんちには、ゆったりとした、
    とっても優しい時間が流れていて、
    もう一度bjを、介護できたなら、yukoさんの真似っこして
    美味しそうなご飯を作ってあげたい・・・そう思うんです。

    パパの手、優しい?
    パパが、照れていましたよ。(f^^) オハズカシイ・・

    お家が近かったら、yukoさんちにbjを連れて行って、
    抱きしめて貰いたかったなぁ~ヾ(>▽<)ゞ ウレシイ♪
        

    すばるの相棒さん へ・・・

    こんばんは、ありがとうです。

    えぇぇぇぇーーー!(@_@;)パチクリ
    札、札幌は、6度ぉぉぉ!
    わ、私なんか、今だに、タンクトップにハーフパンツですよ!
    (わたしゃ、はだかの大将か?ヾ(☆▽☆) アハアハ)
    同じ日本なのに、こんなにも違うんですねぇ
    北海道。。。憧れるぅ

    すばるの相棒さんに、そんな風に言って頂け
    何か、私、救われます。
    bjを守りたい!bjの痛み苦しみをとってやりたい!
    ただそれだけだったです。
    bjが居たから、歩いてこれました。

    あの時は、必死で分からなかったけど
    今、振り返ると。。。
    惰性で過ごす1日は、長いけど
    この時の1日は、充実していました、
    もっと時間が欲しかったです。
    24時間が、こんなにも短いなんて思ったのは、
    この時が始めてでした。
    ありがとうございます、こんな私の想いを聴いて下さって・・・
    嬉しいです。

    すばるの相棒さん
    リンクさせて頂きましたが、
    ご都合悪ければ、おっしゃって下さいませね
        

    いぷのすけさんへ・・・

    こんばんは、ありがとです。

    いぷのすけさんも、
    キレイな涙を流して下さって。。。
    私らの事を想って下さる、そのお気持ちに涙しています。
    嬉しいです。ありがとう。

    bjが弱っていき、痛がって、苦しがって・・・
    可哀想で、可哀想で・・・
    それを助けてやれなかった事が辛かった
    無力な自分が悔しかったです。

    でも、本当に愛おしい愛おしい大事な時間を
    deepに過ごす事が出来たと・・・
    今は、思えます。
    bjの痛みや苦しみさえなければ、
    メラノーマであっても、それはそれでいいと思いました。
    どんなお口でも、どんなに立てなくても、
    この子が穏やかに生きていけるのなら、この子の不自由を私が
    カバーすればいいんだと・・・
    しかし、メラノーマは、それを許してくれませんでした。

    bjを愛して愛して愛して・・・・
    こんな気持ちを教えてくれたのは、あの子です。
    いぷのすけさんも、シェリリンちゃんを
    いっぱい愛し、愛され、色んな事、
    教えて貰ってるもんねぇー

    bj幸せやったかな?私は幸せやったです。今も。。。
        

     犬がガヅガツ食べている姿は、気持ち良いし、こちらまで幸せを感じますよね。
     bjちゃんが何も食べられなくなるのを見るのは本当に辛い事だと思います。
     苦しくても言葉に出せない、理解できない、悲しいですね。
    そんな体験があるから、余計に心に残ってしまうんですね。
        

    deeper-b さん…怖い…
    私、怖いよ…
    もし、ウチの犬もこんな風に病気になったら…って思うと…
    でもな、ちゃんと、覚悟しとかなあかんねんな…
    どうなるにせよ、もうすぐ、あと何年か先には年老いて弱った子を
    見ることになるねんもんな…
    それは、夢で終わったりせえへんねんもんな…(*´;ェ;`*)
        

    bjちゃん。。。。
    私も、bjちゃんの血膿みをきれいにしてあげる。。。。。
    そっと、そっと。。。。。ママと一緒に、そっと、そっと。。。。。
    なでなで。。。。。ママと一緒に、なでなで。。。。
    どんなになっても、かわいいbjちゃん。。。。
    私に、血膿みつけてもかまへんよ。。。。
    bjちゃんであることに、なんにも、かわらへん。。。。
        

    真心職人さん へ・・・

    こんばんは、ありがとうです。

    ワンは、やっぱりガツガツ食べてる!が U^皿^U ウシャシャシャ
    元気のバロメーターですよねぇ
    あの食べっぷりを見るのが幸せやったです。

    bjが、まだ子供の頃、ごはんをあげる前に
    「よし、幾三」
    「よし、永 小百合」
    「よし、もと」
    とか、言って何回も、おちょっくったけど
    言われる度に、首傾げて、めっちゃ可愛かった
    でも、これは私がオモロかっただけで、
    だんだん可哀想になってきて、
    食べる前の芸は、させなくなりました。
    だけど、お皿を置く前から、
    bj自らオスワリ、オテをするんですよねー
    ワンコって、何でこんなに可愛くて、いじらしいんでしょうか
    飼い主のハートをもう、わしづかみです。

    人間みたいに
    「あれ食べたい」「ここが痛い」「こうして欲しい」
    が、言えないもんだから・・・

    11年間、一緒に生活して来て、
    リズム的には「あうん」の呼吸だと
    思っていたのに・・・
    最後分かってやれなくて、切なかったです。
    真心さんの、おっしゃる通り、
    だから余計に心に残るんでしょうかしらねぇ。。。

    あっ!真心さん、京都のお店の件、ご丁寧に教えて下さって
    どうもありがとうございました。嬉しかったです。m(;∇;)m 
    じゃこぶうさんのコンテストへ、お邪魔した時に・・・と
    思っていましたが、
    日曜日はお休みみたいで・・・|ヽ(~~。) オチコミー
    でも、地図を見たら、コンテストの会場と近くっぽいので
    お休みでも、お店確認のため一度いってきます。
    ほんとうにありがとうございました。
        

    じゃこぶうさん へ・・・

    こんばんは、ありがとです。

    じゃこぶうさんて、
    カワイイ人やなぁー (*_*、)ヾ(-ω- ) ヨシヨシ
    「怖い」?
    うん!考えたら怖いよねぇ
    病気や癌も怖いし・・・
    わが子が、病魔に侵され、
    日に日に衰弱していく姿を見るのも怖いし・・・
    そして何より、この子の「死」が怖かった・・・
    怖くて、怖くて、怖くて、・・・たまらんかったです。

    でも、強く思っていた、この「怖い」という気持ちも
    病気の進行とともに萎えていき、
    今の、この一瞬一瞬を全力で「愛する」・・・
    これに変わっていきました。

    「覚悟」は、その時が来たらモロクモ崩れていき
    いったい、何の覚悟やったんかと・・・

    だけど介護は、
    けっして不幸でも、苦労でも、暗いでもなかったよ
    そのてん、人間の介護は、
    色んな「しがらみ」があって、難しいです。。。
    義母の時、ここまでdeepになってあげたのか?と自問自答して
    仏壇に「ごめん」と、あやまっています。

    どんなかたちであれ、
    あの子の最後を、この私が見届けられた事は、
    bjも私も、良かったと思えます。
    こんな病気にならない事が一番なんだけど・・・
    もしも、そんな事になったって、
    こんな弱虫な私でも見守ってあげれたし、
    じゃこぶうさんなら、だいじょうぶ、
    できるよ!できるもんなんです。
    あの子らには、ママしか居ないんだから

    ヾ(≧▽≦)ノ イヒヒヒー♪ じゃこぶうさん!
    私、7日に投票しますしぃーーー
    もし、じゃこぶうさんを見かけても、|電柱|ー ̄) 隠れニヤリ
    けっしてニタニタしないからねぇ
    ほんで、他の人の作品みた後、じゃこぶうさんの作品の前で
    「やっぱ、ちゃうなぁーこれ!ええなぁーこれ!」って
    デカイ声で、絶対ゆうたりせぇーへんからねぇ
    =ャ=ャ=ャ(´^ω^(´^ω^(´^ω^`)^ω^`)^ω^`)=ャ=ャ=ャ
        

    レナ・ママさん へ・・・

    こんばんは、ありがとです。

    (j o j) ウルルル 
    ママさんの温かいお言葉に、胸が詰まり、涙が出てきました。

    bjの血膿は・・・
    どう、表現していいか・・・
    もう、それはそれは凄かったです。
    タオルや、シートを替えても替えても
    直ぐ血膿に染まっていくんです。

    幸いにも私は、
    bjが病気になる少し前から、
    ちょうど仕事をしていませんでしたので
    この子に付きっ切りで、お世話でき
    全身血だらけというのは一度もありませんでした。
    病院で血だらけで出て来た時は、
    哀れで、可哀想でたまらなかったです。

    レナ・ママさんもご存知かと思いますが、
    メラノーマの血膿の臭いは、凄まじいものがあって、
    この臭いのために「安楽死」を決断される方が居ると・・・
    「覚悟しておいて下さい」とドクターから聞いていました
    が、確かに、さわやかないい臭いではありませんが、
    言われていた程、感じなかったです。気になりませんでした。
    まぁ鼻がマヒしてたのかも知れませんが・・・

    むしろ、この臭いが愛おしいというか・・・
    bjが羽をつけてからも
    bjが居た場所や、私が着ていた服や、車など
    這いずりまわって、この臭いを探しました。
    今じゃ、その臭いも薄れ、
    いくらクンクンしても、消えてしまってるんですよねぇー
    (T-T) グスッ
        

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    Profile

    deeper-bj

    Author:deeper-bj
    BJ

    ★BJ(羽をつけたbj)
    ビーグル ♀女子
    おおさか⇄虹の橋
    ☆・・・好きな事・・・☆
    とにかく食う・寝る

    ★deeper-bj(db)
    bjのオカン
    おおさか
    ☆・・・好きな事・・・☆
    とにかくDEEPSOUL・R&B

    ★Subtitles
    口腔内悪性黒色腫
    (無顆粒性メラノーマ)で、
    羽をつけたbj。。。。
    透明になったbjを、
    もう一度抱きしめたい!

    ★ 羽をつけたbjとの
    イラスト・人形回想日記

    Dolls & illustrations

    Translate

    English English得袋.com

    Handmade felting dolls

    このブログをリンクに追加する

    Retrieval in blog

    Fight The Power

    Soul power

    映画『ソウル・パワー』

    My YouTube Channel

    PICT0037a.jpg 

    Maukie

    FC2Ad


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。